役員報酬の決定方針

取締役報酬関係

2023年3月期
取締役に対して支払った報酬等の総額 67,475千円(うち社外取締役に対する報酬等の総額 10,800千円)

1.当社は、取締役の使用人分給与はありません。

2.上記の報酬は、株主総会で定められた年額報酬額内で、取締役については取締役会の決議により決定しております。

3.役員ごとの報酬等につきましては、1億円以上を支給している役員はありませんので記載を省略しております。

4.上記、取締役に対して支払った報酬等の総額には、連結子会社からの支給額が含まれております。

報酬の額又はその算定方法の決定方針の開示内容

 当社はコーポレートガバナンス・コード及び改正会社法の趣旨に添い2021年3月にアステリア役員(取締役及び監査役)報酬基本方針を取締役会で決議しております。その役員報酬基本方針の内容を以下に詳しく説明します。(2022年2月の取締役会で個別報酬決定に関する委任先の変更を実施。)

<基本的な考え方>

・アステリアの企業理念を実現する優秀な人材を登用し、維持できる報酬であること。

・持続的な企業価値の向上と中長期的な成長を動機づける報酬体系であること。

・株主をはじめとするステークホルダーに対して説明責任を果たせ透明性・公正性・合理性の高い報酬体系であること。

<報酬体系について>

・取締役(社外取締役を除く)

業績に連動しない固定金銭報酬と、業績連動報酬との合計額を支給する。
業績に連動しない固定金銭報酬は、取締役の役位、職責、在任年数等に応じて支給額を決定する。
業績連動報酬は、連結営業利益(IFRS)がゼロ又は赤字の場合は支給せず、標準の連結営業利益(IFRS)の場合を1倍とし、最大2倍まで支給する。

・社外取締役及び監査役

その職務上の役割及び独立性の観点から、当面固定報酬とする。

<報酬全体について>

・取締役(社外取締役を除く)

業績に連動しない固定金銭報酬:業績連動報酬の割合は、取締役の役位職責、在任年数等に応じて、指名・報酬諮問委員会での協議を経て決定するものとする。なお、標準的な連結営業利益(IFRS)の場合で、概ね75:25になるように支給することを目安とする。
業績に連動しない固定金銭報酬は、月1回支給する。業績連動報酬は、事業年度終了後に開催される定時株主総会の翌月以降12ヵ月以内に支給する。
継続的企業価値の向上を図るうえで当社グループ全体の収益力の維持・向上が重要であることから、業績連動報酬の算出の根拠となる指標は、連結営業利益(IFRS。投資評価損益を除く。)によるものとする。

・社外取締役及び監査役

報酬は、月1回支給する。

<個人別報酬の内容の決定方針>

・取締役(社内取締役及び社外取締役)

取締役(社内取締役及び社外取締役)の個人別報酬については、上場会社全体の報酬水準や上場IT企業の報酬水準も参考にして、取締役の役位、職責、在任年数等に応じて設定するものとし、透明性・公正性・合理性を担保するため、取締役会の委任を受けた指名・報酬諮問委員会が決定するものとする。

・監査役

監査役会での協議により決定する。


次回開催予定の決算発表・説明会

2024年06月22日第26回 定時株主総会 および事業戦略説明会
(10:30~ YouTube Liveにて配信)